雨の日に婚活パーティーやデートする際の注意点

雨の日の外出は色々と大変ですよね。
傘や濡れづらいカバンや靴などの準備が普段と違うため、準備でも手間取ってしまいがちです。
でも、それらの身だしなみをスマートに行うことができれば、お相手にも好印象を与えられること間違いなしです。
事前の準備をしっかりとして、「気が利く素敵な人」としてアピールすることができるのです。

目次

雨の日にお相手から好印象を得る気配り力

雨の日には、晴れの人は違いいろいろな気遣いを出来るチャンスがあります。
まず、基本の大原則として、以下の3つを覚えておきましょう。

  • 相手を濡らさない
  • 相手を寒がらせない
  • 相手に臭わせない

特にお相手が女性の場合は、男性の場合よりも上記3項目に敏感になることが多いので、
極力、外で歩く時間を少なくしたり気を使いましょう。

雨に濡れてしまうと、メイクも崩れてしまいますし、
服装によってはかなり寒いこともあります。
また、特に男性は注意ですが、雨で濡れた靴下は嫌な匂いを発することがあるので、
できるだけ防水の靴を履くように心がけましょう。
ファッションの都合でそれが難しい場合は、せめて防水スプレーや防臭スプレーなどを使うようにするとよいでしょう。

※靴を脱ぐ可能性がある場合は、換えの靴下をカバンに入れておいて、履き替えるとよいでしょう。

雨の日の待ち合わせは慎重に

とても大切なポイントは雨に濡れない場所を選ぶことです。
できれば、屋内(カフェの店内)などが理想ですが、
駅などで待ち合わせしたい場合、事前に雨宿りできるスペースがあるのか確認しておきましょう。
都心のターミナル駅だと、雨の日の駅前(屋根がある場所)はかなり混雑してしまい、
待ち合わせに時間がかかってしまうので、出来るだけ駅チカのカフェなどを待ち合わせ場所にするのが良いです。

用意しておきたい3つの雨対策グッズ

雨傘

できれば、コンビニなどで買えるようなビニール傘ではなく、
すこしだけオシャレなものを用意しておくと好印象です。

大きめの長傘1本(3000円位)と軽量でコンパクトな折り畳み傘(1500円程度~)の二種類があればどんなシーンにも対応できるので、この機会に新調してみてはいかがでしょう?

色は、ベーシックカラーのネイビー(紺)、柄はナシ(無地)がオススメです。
ネイビーが苦手な方は、ベージュ、茶などベーシックカラーを選びましょう。

ちなみに折りたたみ傘を持っていると、急な雨のときにお相手に貸すことができて、
その返却を名目に次のデートに繋げやすかったりもします。

ハンカチ、タオル

ハンカチを持ち歩いている方でも、雨の日だと事足りずタオルなどがほしい場面があります。
ハンカチサイズのもので良いので、タオル生地のしっかりしたものを用意しておくと、
とてもスマートに見えます。

そんなに嵩張るものではないので、できれば2枚以上持って行きましょう。
※コレもお相手に貸せば、返す口実に次回デートの約束が取れます。

替えの靴下

先程のちょっと触れましたが、替えの靴下も用意しておくと重宝します。
基本的には靴を脱ぐ機会は少ないとは思いますが、
たまたま立ち寄った居酒屋がお座敷スタイルで靴を脱がなければ行けない場面などに出くわすこともあります。
湿った靴下、多かれ少なかれ異臭を発しますので、
素早く見えない場所(化粧室など)で換えの靴下に履き替えると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる