婚活パーティーに向いている人の9つの共通点・特徴

自分が婚活パーティーに向いてるか分からない、パーティーに行って上手くいかなかったらどうしよう…

そんな風に思っている方のために、婚活パーティーに向いている人の特徴をまとめて解説します。

この記事は、東京で恋活婚活パーティーを主催する恋活・婚活パーティー アルのスタッフが書いています。

アルのスタッフの特徴
  • 婚活パーティーに100回以上参加した経験あり
  • 自社や他社の婚活パーティーで色々な参加者に遭遇
  • 10年婚活して結婚に至った

この記事を読めば、自分が婚活パーティーに向いているかどうかや、どんなパーティーに向いているかが分かります。

婚活パーティーに行こうか悩んでいる方、うまくいかず困っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

向き・不向きは婚活パーティーの種類によって変わる

どんな人が婚活パーティーに向いているかは、そのパーティーの種類(スタイル)によって変わります。

なぜなら、一口に「婚活パーティー」といっても、その進め方や形態・ルールは大きく違うからです。

自分に合うパーティーのスタイルを知るために、まずは4つのスタイルについて簡単に説明します。

婚活パーティーの4つの種類

  • 1対1スタイル
  • パーティースタイル
  • 飲食付きスタイル
  • おでかけスタイル

婚活パーティーは4つのスタイルに分類できます。

それぞれ、どんな特徴があるのかを簡単に解説します。

より詳しく、各スタイルの流れやメリット・デメリットを知りたい方は下記の記事が役立ちますので、ご覧ください。

1対1スタイル

婚活パーティーの代表的なスタイルで、別名「回転寿司」とも呼ばれます。

男女が個室やテーブルに1対1で着席して5~10分の会話をし、終わったら男性が移動して次々と相手を変えて会話を繰り返します。

全員と1対1で話せるので邪魔が入らないのがメリットですが、1人と会話できる時間が少ないので相手を深く知る事ができない点が悩みどころ。

相手を深く知れないため、1つでもいいので目立った特徴を相手に印象づける事が効果的です。

パーティースタイル

20~100名の大規模で開催され、基本的に好きな相手と話すスタイルです。

2時間程度のパーティー中は基本的にスケジュールはなく、ただただ好きな相手を見つけて話しかけたり、話しかけられたりします。

人と会話しているところに割って入ったり、気になる相手が一人になるタイミングを見計らったりと、自主的に行動する事が大切。

飲食が提供される事も多いですが、立食が多いので気遣いを発揮できるチャンスです。

飲食付スタイル

6~10数人程度で食事やお酒を楽しみながら会話するスタイルで、合コンに非常に近いイメージです。

席替えがある場合もありますが、基本的に決められたスケジュールはなく話す相手も連絡先交換も自由です。

パーティースタイルと違って参加人数がそこまで多くなく、着席なので会話しやすい事がメリット。

一方で、食事のマナーやお酒に飲まれるといった点が見られるのは注意が必要です。

積極的に相手の事を知って、ほどよいところで切り上げて次へ行く…といった計画性や行動力が活きるスタイルでもあります。

おでかけスタイル

イベントを男女一緒に楽しむスタイルです。

例えばバスツアーや食べ歩き、テーマパークで過ごすといったものまであり、その内容は非常に豊富です。

1対1の時間が多いものから、2人になる時間が全くないものまで様々で、内容を良く把握して参加する必要があります。

価格もやや高額になりますが、休日の楽しみの1つとして参加できる事が良い点。

ムードメーカーや、行き先を決める決断力のある人に人気が集まるスタイルです。

婚活パーティーに向いている人の共通点(特徴)

  1. LINEより会って話したい派
  2. 初対面の人と話す事に抵抗がない
  3. 短時間で沢山の人と話す事に抵抗がない
  4. 聞き上手、褒め上手、気配り上手
  5. 初対面の印象が良い
  6. 特徴的な趣味、仕事などがある
  7. 容姿、収入などのスペックに武器がある
  8. 行動力のある人
  9. 大人数より1対1が得意

それぞれのパーティーに向いている人の共通点を解説します。

それぞれのポイントについて、どのスタイルが特に適しているのかもアイコンで示していますので参考にしてみてください。

LINEより会って話したい派

1対1 パーティー 飲食 おでかけ

文字のやりとりより会って話した方が速いという人は、婚活パーティー向きです。

理由は、婚活パーティーのメリットである「話してすぐに相手の事を知れる」という点とうまく合っているから。

特に、マッチングアプリでこんな経験をしている人にはオススメです。

マッチングアプリでの経験
  • メッセージを返すのが面倒で中々デートに繋がらない
  • 知らない人と2人で会うのは怖い
  • メッセージでは相手の事が分からずデートしようという気にならない

LINEやSNSのメッセージが面倒と感じる人や、マッチングアプリで失敗してきた人は試してみる価値ありです。

初対面の人と話す事に抵抗がない

1対1 パーティー 飲食 おでかけ

初対面の人とあまり緊張せずに話せる人は、婚活パーティーに向いています。

理由は、どの婚活パーティーでも初対面の人と突然会話する事になるから、そして初対面の印象が結果に大きく影響するからです。

特に、1対1やパーティースタイルでは1人とじっくり話すのは難しいので「最初は緊張して話せないけど慣れると良さが伝わる」系の人は不向きです。

多少緊張していても、それを相手に気づかれずそつなく会話ができる人は、第一印象が良く成功しやすいです。

会話が得意でなくても、初対面の人と一定の会話ができる事は婚活パーティーにおいて大きな武器です。

短時間で沢山の人と話す事に抵抗がない

1対1 パーティー

短時間で多くの人と代わる代わる話をする事に抵抗が無い人は、婚活パーティー向きです。

特に、1対1やパーティースタイルでは10~数十人との会話が起こるので、それがストレスだと上手くいかないからです。

もし沢山の人との会話が苦手であれば、10名前後の小規模のパーティーがオススメ。

飲食付きであれば気構えずに会話できるので、無理せず過ごせます。

大人数に抵抗がなければ1対1やパーティースタイル、苦手な人は飲食付きを選びましょう。

聞き上手、褒め上手、気配り上手

1対1 パーティー 飲食 おでかけ

聞き上手、褒め上手、気配り上手な人は婚活パーティーで人気になれます。

沢山の人と話す場面が多いので、こういった気遣いは「他の人と違うな」と思ってもらえて選ばれやすいからです。

聞き上手

相手の会話を引き出す質問ができたり、こまめな相槌を打ったり、少しオーバーなくらいのリアクションができる人。みんな基本的に話すことが好きなので、これができると居心地の良い人、楽しい人と思われて好感度が高いです。

褒め上手

相手の良い点を見つけて、さり気なく言葉で褒めてあげられる人。ネガティブな話題でもポジティブに変換できるのが強みで、初対面の他人から一気に恋愛対象になる事ができます。

気配り上手

相手が洋服を汚した時にハンカチを差し出したり、1人の人に長時間捕まっている人をさりげなく連れ出したりできる人。特に、パーティー(立食形式)や飲食付きスタイルで活躍できます。

誰にでもするのではなく、気になる相手にだけ発揮するのもポイントの1つです。

初対面の印象が良い

1対1 パーティー

初対面で好印象を与えられる人は、婚活パーティー向きです。

初対面の人が集まる場で短時間の勝負なので、初対面でスタートダッシュがきれる人はかなり強いからです。

特に、人の会話に割って入るシーンの多いパーティースタイルでは、異性の印象だけでなく先に会話をしていた同性と衝突しにくいというメリットもあります。

明るく笑顔で話せる人、清潔感のある身だしなみができる人は婚活パーティーに合っています。

特徴的な趣味、仕事などがある

1対1 パーティー

人に覚えられやすい特徴的な趣味や仕事などがある人は、婚活パーティー向きです。

特に、1人1人とじっくり話せない1対1やパーティースタイルで、すぐに自分のことを印象づけられるからです。

例(すべて実例)
  • 男性で趣味が華道
  • 仕事はダムを作ってます
  • 副業はYoutuber
  • 趣味はミュージカルやってます

◯◯の人、と覚えられる特徴があると覚えてもらいやすいので、特に大人数のパーティーでは強いです。

容姿、収入などのスペックに武器がある

1対1

容姿や収入などのスペック面に武器がある人も婚活パーティー向きです。

これも1つ前の項目と同様、相手に覚えてもらいやすいからです。

特にプロフィールカードを記入して相手に見せる1対1スタイルでは年収も記載するので、目を惹く事ができるポイント。

大人数に埋もれない尖った点がある人は、それを上手く印象づけに使いましょう。

行動力のある人

パーティー 飲食 おでかけ

パーティー中にアクティブに行動できる人は婚活パーティーに向いています。

自分で異性に話しかけなければいけない環境では、それができない人より優位に立てるからです。

特にパーティーや飲食付きスタイルでは、自分から話しかけにいかないと中々会話の機会が得られません。

また、パーティー開始後はみんな様子を伺うため、そんな中最初に話しかけてくれた人はよく覚えているものです。

他の人と話している輪にグイグイ入っていける人も、チャンスを得られるという意味で強いです。

行動力のある人は婚活パーティーでその力を活かす事ができます。

大人数より1対1が得意

1対1 飲食

大人数では話せないけど1対1だと活きる、という人も婚活パーティー向きです。

1対1になれるスタイルのパーティーもあるので、その場を活かしてアプローチできるからです。

1対1だけでなく、飲食付きパーティーも1対1で話せる場合があります。

例えば、4人席で誰か1人がトイレに立ったタイミングで2人だけの共通点について話す事で、その後は1対1で会話を続ける事ができます。

婚活パーティーは必ずしも大人数が得意な人だけが強いわけではないので、自分に合ったパーティーを見つけましょう。

まとめ|婚活パーティーは自分の特徴に応じてスタイルを選ぶと効果的

婚活パーティーの4つのスタイルと、婚活パーティー向きの人の特徴を解説しました。

婚活パーティーには1対1、パーティー、飲食付き、おでかけの4つのスタイルがあり、それぞれで特徴が異なります。

そのため、大人数や初対面が得意な人はもとより、逆に1対1が苦手な人でもそれに合ったパーティーを見つければ相手を見つける事ができます。

また、何かしらの特徴があるだけで、平均点の他の人より1歩リードできる事も婚活パーティーの面白い点。

自分の特徴を見直して、自分に合ったパーティーを選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる