婚活パーティーに行くときの持ち物チェックリスト

婚活パーティーに参加する際に、意外と忘れがちなものや、あると便利なものをご紹介していきます。
婚活パーティーに参加する前に忘れ物をしないようにチェックしてください。

目次

必ず必要なもの

身分証明書(免許書や保険書)

受付時に必ずと言っていいほど提示を求められます。
身分証を忘れてしまうと最悪の場合、参加を拒否されることもあるようなので
必ず確認をしてから会場へ向かいましょう。
※コピーを取られるわけではなく、目視だけですのでご安心を。

ボールペン

プロフィールカードに自分の情報を記載する時に必須です。
お話したお相手の印象をメモするときにも使います。
ボールペンを忘れてしまうと、別途料金を払って受付でボールペンを購入しなくてはいけません。
(たまに、受付で貸し出してくれるところもあります)
ちなみに、シャープペンや鉛筆ではどうしても見えづらくなってしまうので、
ボールペンがオススメです。

参加費(事前決済の場合は不要)

言うまでもありませんが、参加費を支払わなければ参加できません。
当日、会場での受付での支払いは基本的に現金のみですので、財布の中に現金を入れていきましょう。
特に最近ではペイペイやクレジットカードで生活の殆どの支払いができてしまうため、
財布の中に現金を入れない人が多くいると思いますが、婚活パーティーは基本的に現金決済のみなので注意が必要です。
(事前決済ができる婚活パーティーも多々あるので、基本的には事前決済することをおすすめします)

マスク(コロナが始まってからは必須になりました)

最近の婚活パーティーでは、マスクの着用が必須です。
婚活パーティーによって様々ですが、挨拶の際だけ外す婚活パーティーもあれば
終始マスクを外さないように指示される婚活パーティーもあるようです。
いずれにせよ、マスクを着用していないと婚活パーティーには参加できないと考えたほうがよいでしょう。

あったら便利なもの

清涼飲料水(ペットボトルなど)

婚活パーティーに会場には、たいてい水やお茶くらいは用意されています。
ですが、いざパーティーが始まると、飲み物を取りに行く時間が無いくらい慌ただしくなります。
かなり喉が乾くので、小さいもので良いから飲み物を用意しておいたほうが便利です。

太いサインマーカー

必須項目にボールペンをあげましたが、お相手にお渡しするプロフィールシートは
お相手に見やすく書きたいので、水性のサインマーカーなどで書くことをおすすめしています。
お相手に読んでいいただくものなので、できるだけ読みやすく、丁寧に書くことができれば好印象です。

ハンカチやフェイスタオル

婚活パーティーの会場は基本的に快適な空調が効いているところが多いので、意外と忘れがちですが
ハンカチやフェイスタオルを持っていくと便利です。
会場に着くまでに迷ったりすると、少し小走りで向かい汗をかいてしまいますし、
緊張で汗をかくこともあるでしょう。身だしなみとして、ポケットやかばんに入れておけばとても重宝します。

手鏡

私自身の経験ですが、「顔になにかついていないかな?」とか「髪型変じゃないかな?」など
色々と気になるものです。
その時に小さい手鏡があれば、パッと確認することができるので便利です。
気になる都度、トイレに行く時間はありませんし、スマホのカメラで確認するのもなかなか大変なので
100円ショップなどで小さい鏡を買っておくと便利です。

貴重品を入れるコンパクトなハンドバック

婚活パーティーの会場は様々な人が出入りしますし、基本的に貴重品は自分で管理することになります。
そもそも、なくなったら困るような貴重品は持っていかないほうが良いですが、
財布や携帯などを入れることができるクラッチバックなどのハンドバックがあれば席を移動する際にも便利です。
ただ、あまり派手なものや奇抜なものは避けたほうが良いでしょう。
カバン自体が小さいのであれば不要です。

鼻毛抜(ピンセット)

男性の方に強くおすすめしたいのが毛抜です。(ピンセットタイプのもの)
どんなに髪型や服装に清潔感があっても鼻毛が出ていたら台無しです。
婚活パーティーに参加する際は、少しだけ早めに会場に行き、トイレでしっかり鼻毛が出ていないかチェックしましょう。
毛抜がなく手で抜こうとするととても大変なので、かばんに毛抜を入れておくといざという時に便利です。
朝、しっかり抜いていたとしても、鼻をかんだりすると、意外と出てきていることのもあるので注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる