婚活パーティーに参加するときの最低限のマナー

目次

初めて婚活パーティーに参加する際の注意事項

時間を守る

婚活パーティーに参加する際、「遅刻」は絶対にNGです。
遅刻をしてくる人は、まわりの参加者にも迷惑を掛けてしまいますし、純粋に社会人としてNGです。
遅刻までいかなくとも、パーティー開始ギリギリになって会場に到着してしまうと、身だしなみなどを整える時間もなく
お相手に対して、マイナスイメージを持たれることが多くなります。稀に汗だくで駆け込みセーフなんて方もいますが、
髪型や服装が乱れていても正す余裕がなく婚活パーティーにおいてはデメリットしかありません。

時間を守るということは、社会人としても最低限のマナーです。婚活パーティーでは、開始前にプロフィールの記入を行う場合も多くあり、その記入時間も計算に入れて、遅くとも開始10分前迄には会場に到着するようにしましょう。
慌てて書いた走り書きの文字や、すべての項目が未完成のプロフィールカードを渡すことはお相手に対して、ネガティブなイメージを与えてしまいます。

挨拶をする

婚活パーティーに参加される方は、多かれ少なかれ皆さん緊張をしています。
まずは、ハッキリを明るく挨拶をするように心がけましょう。
そうすることによって、私はあなたとコミュニケーションを取る意志があると意思表示でき、円滑な自己紹介タイムを過ごせるでしょう。
また、参加者同士だけではなく、受付のスタッフの方などにも明るく挨拶をするように心がけましょう。
そうすることによって、運営側の印象も良くなり、少し協力的になってくれることもあります。

プライベート過ぎる質問はしない

お相手の住んでいる最寄り駅や職業の詳細、年収などのプライベート過ぎる質問には気をつけましょう。
初対面の方にはなかなか、話しづらい内容の質問は、逆に相手に警戒感を与えてしまいます。
特に相手が女性の場合は、出来るだけ一般的な趣味の話などをすると良いでしょう。
ただ、お相手へのプライベートな質問は避けたほうが良いですが、逆に自分から積極的に情報を開示するのは好印象につながることもあります。

相手の話を遮らない、否定しない

婚活パーティーでは、限られた時間内で最大限自分の良さを相手に伝えなければなりません。
でも、お相手が話しているときに、その話を遮って自分が話すのはあまり良くないでしょう。

そして、意外とやってしまいがちなことが否定です。
「いや」「でも」「そうじゃなく」「それは違う」などの否定をされると、人はいい思いを思いません。
基本的には、同意することを意識して話を聞きましょう。
もちろん、自分の意見を言うのは大事ですが、相手の意見を頭ごなしに否定するのではなく
「確かにそういう考え方もあるね。そして、私はこんな意見も持っている」といった具合で
相手の意見を尊重しつつ、自分はこんな意見もあると思うというスタンスで会話するとよいでしょう。

席替えをスムーズに行う

特に男性は、席の移動を行う機会が多いのですが、
席の移動のアナウンスをされてもなかなか移動しない人もいます。
そういう人が一人でもいると、後ろの方が詰まってしまい、その結果パーティーの進行に影響を与えてしまいます。
会場のスタッフの指示に従い、スムーズなパーティーの運営を協力するように心がけましょう。

一緒に参加した友人とばかり話さない

女性に多いのですが、一人だと不安なため友達と二人で参加した際に、
その友達とばかり話してしまう方です。
そういう方は、相手から見ても、運営から見ても非常に印象が悪くなります。
婚活パーティー参加する際は、友達と参加したとしても、基本的にはあまり話さないほうが良いでしょう。
余談ではありますが、友達と参加するとマッチング率が低くなるなんてデータもあったりするそうです。
基本的には一人で参加することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる