ワイン会での恋活婚活。メリットとデメリット

ワイン会って恋活婚活の場としてはどうなんだろう?と思ったことはありませんか?
今回はメリットとデメリットについてお話をしていきます。

目次

ワイン会は恋活婚活に向いている?

普段はなかなか会えない人との出会いがある

ワイン会がおすすめの理由として、婚活パーティーなどと違い自然な出会いがある点です。
通常の婚活パーティーでは強制的にすべての人と話さなければいけませんが、ワイン会はあくまでパーティーとしての側面が強いので、ごく自然に会話できますし自分が興味がある方とだけお話できます。

そしてなにより、多種多様なお仕事をされている方がいるので幅広い出会いがあります。
なかには、ワイン会で出会った同性の方と一緒に仕事をする方もいるくらい、男女の出会い以外にもさまざまな出会いがある場です。

男女ともに生活に余裕のある方が多い

医者や経営者などは、普段の仕事の場でもワインに関わることが多く、
その結果、ワインに興味を持ったり、ハマる方が多いイメージがあります。

女性で言えば、CAさんはかなりの割合でワイン好きが多く、中にはワインエキスパートやソムリエ資格を持っている方もいます。

つまり、普段からワインを嗜んでいる方が多く参加していて、そういう方は生活にも余裕があり、おおらかな方が多いです。

美意識が高い方も多い

ワイン会に行ったことがない方は、なかなかイメージしづらいかもしれませんが、
ドレスコードなどが設けられていなくても男性はシャツやジャケット、女性はワンピースなどで美意識が高い方が多いです。
そういう方は、たいてい髪型や清潔感も良いので、美男美女であることが多いです。

ワイン会で恋活婚活する際に考えられるデメリット

質の高い男女との自然な出会いがあるワイン会。
少しだけ、デメリットもも見ていきましょう。

会費は男女同じことが普通

ワイン会は6,500円〜10,000円の程度の価格が多いですが、婚活パーティーなどとは違い男女同額のことが多いです。
極稀に女性が安めのワイン会もありますが、そういうワイン会は婚活要素が強めで参加者の質は少し落ちるイメージがあります。

年齢層は少し高め(30代〜40代中心)

ワイン会は基本的に30代〜40代の方が多いです。
ただ、中には20代前半でワインに興味を持って参加する方もいます。
20代の方が同世代と婚活恋活したいのであれば、年齢制限等を明確にしているところを選んだほうが良いでしょう。

知識をひけらかしたい人がたまにいる

ワイン好きな方は、ワインに詳しいことが多く、知識量はすごいです。
ただ、極稀にその知識をただひたすら語るオジサン(?)などがいることがあり、
それは正直うざく感じることがあります。
ただ、婚活パーティーなどと違い、半立食なことが多く移動は自由なので、
そういう方に遭遇した場合は素早く離れれば良いと思います。

婚活におすすめのワイン会イベント(東京)

婚活におすすめのワイン会を紹介します。

CAMOS TOKYO

東京の人気のワイン会といえばCAMOS TOKYO。ワインの質が高く、場の雰囲気が明るくて素敵なワイン会です。
参加者は30代のビジネスマンや公務員の方など中心に気さくな方が多く、会場の雰囲気も良いです。

TOKYO WINE PARTY

TOKYO WINE PARTYは会費は少しお高めですが、会場のロケーションは素晴らしく、
客層は40代〜の落ち着いていている方が多いイメージ。
開催している会場も様々な場所があるので、アクセスもよく人気のあるワイン会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる