お付き合い確定まではデート相手を2~3人キープすべし!

タイトルの通りではあるのですが、「お付き合い確定まではデート相手を2~3人キープすべし!」というお話です。

結婚して6年経つので、恋愛的なアレコレはすっかり縁遠くなってしまいましたが、当時のことを思い出して書いております。

タイトルの通りではあるのですが、「お付き合い確定まではデート相手を2~3人キープすべし!」というお話です。

真面目な人からはそんな不誠実なことが許されない!という声が聞こえてきそうですが、一応前提としてはいわゆるお付き合いしましょう、と確定するまでは、という条件付きです(それ以降に関してはご判断にお任せしますが、いろいろ面倒なことが起きるのでおすすめしません笑)。

もし、お付き合い候補の人が一人しかいなかったとしたら、どうでしょう?もしその人とうまくいかなかったとしたら、ゼロスタートになってしまうわけで、10代ならそれでもいいですが、婚活を考えるような年齢だとしたら、半年や一年は結構貴重な時間なので、機会ロスをしてしまいます。

そして、そんな機会ロス以前にメンタルとして、うまくいくものもうまくいかなくなってしまう、という面もあります。その一番の理由は余裕がなくなる、ということです。意中の人がいることは良いことですが、一択になってしまうと、この人でないとダメだ、この人にどうしても好かれないといけない、と思ってしまって、余裕のない言動、行動をしてしまいがちです。恋愛というのは不思議なもので、自分のことを好きでいてくれそうな人のことが気になる、好きになる、というのが真である一方で、自分がそこまで盛り上がっていないのに一方的な好意を感じると引いてしまう、興味がなくなる、というのも真であると思います。

なので、お付き合い確定まではデート相手を2~3人キープしておくべきで、この人のことは好ましいけど、もしうまくいかなくても他にも候補はいるという状態で、メンタル的に余裕がある状態で会うとちょうどいい関係性でコミュニケーションできて、その方が結果的にうまくいきます。

ちなみに自分目線で書いていますが、相手にも候補が2〜3人いるだろうなということは意識しておかないといけません。なので、なおさらデート段階で一人に絞る必要はないです。

そして、もし、候補のうちの1人とうまくいかないことが確定したとしたら、他の候補との関係性を強めていく努力をしつつ、新たな候補者探しも並行して進めないといけません。

そして、いつもどおり手前味噌ですが、デート相手2〜3人もいない、新たな候補者探しをしないといけない、という人は当社が運営する恋活・婚活パーティー アルにぜひお越しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる