【婚活パーティーの現実】実は◯◯な4つのポイント

こんにちは!婚活・恋活パーティー アルです。

今回は、婚活パーティー未経験(もしくは初心者)の方向けに、婚活パーティーのイメージと現実のギャップをお伝えします。

「婚活パーティーに行ってみたいけどどんな雰囲気か分からない」

「1回行ったけど、結局うまくいかなかったしな」

そんな方に向けて、婚活パーティーの現実をもっと知って欲しいと思っています。

この記事は、恋活・婚活パーティー アルのスタッフが書いています。

アルのスタッフはこんな人
  • 婚活パーティー経験100回!高いマッチング率を誇るスタッフ
  • 元結婚相談所カウンセラーで婚活歴10年!約500人とデートしたスタッフ

この記事を読む事で、婚活パーティーに対する考えが少し変わるかもしれません。

良いところも悪いところもお伝えするので、ぜひ最後まで読んでみてください!

目次

婚活パーティーの現実

  1. 実は…婚活パーティーには沢山の種類がある
  2. 実は…第一希望同士がマッチングしない事もある
  3. 実は…高年収パーティーに高年収は多くない
  4. 実は…普通に彼氏・彼女ができそうな人が多い

婚活パーティーの実は〇〇な部分について、1つずつ詳しく解説していきます。

実は婚活パーティーには沢山の種類がある

婚活パーティーには大きく分けて4つの種類があります。

  1. 1対1スタイル
  2. パーティースタイル
  3. 飲食付きスタイル
  4. おでかけスタイル

それぞれのパーティーの詳細については別の記事で解説していますが、それぞれ特徴があり、人によって合う・合わないが分かれます。

婚活パーティーには1数回行ったけどうまくいかなかったという人も、実は1対1スタイルにしか行った事がなく、飲食付きスタイルに行ったら楽しめた!なんていう場合も意外と多いもの。

結論
一口に婚活パーティーといっても色々な種類があるので、複数のスタイルのパーティーを試して自分に合ったものを見つけましょう。

実は第一希望同士がマッチングしない事もある

マッチング投票があるパーティーの場合、第一希望よりマッチング組数を優先され第一希望同士がマッチングしない事があります。

例えば、男女2名(計4名)のパーティーで、下記のように最終投票をしたとしましょう。

男性Aさんと女性aさんは第一希望同士でマッチングしています。

希望を優先すれば、Aさんとaさんがマッチング成立となり、Bさんとbさんは不成立なので、1組のカップル成立となります。

ところが成立組数を優先すると、Aさんとbさん、Bさんとaさんという組み合わせでカップル成立となり、2組のカップルが成立します。

Bさんとbさんにとっては嬉しいものの、Aさんとaさんにとっては不満ですね。

この希望優先と組数優先のシステム、どちらも一長一短なのですが婚活パーティー会社は「当社で◯◯組成立!」と実績を増やしたいので組数優先のシステムが多くなるというわけです。

必ずしも、第一希望同士がマッチングするわけではないので注意しましょう。

結論
相手選びの幅を広げたければ沢山投票を、絞りたければ投票する相手を減らして対応しましょう。

実は高年収パーティーに高年収は多くない

年収◯◯◯万円以上!というパーティーですが、意外と本当に高年収な人は多くありません。

理由は、参加者に年収の証明を確認していないパーティーがほとんどだからです。

年収の証明書=源泉徴収票などですが、すぐに提出できる人は少ないので、証明書の提出を必須とするとパーティーの参加者が減ってしまうのです。

そもそも、高年収の人は婚活者のわずか数%と言われているので、なおさら人が集まりにくく運営側にとってはメリットが少ないのが現実。

そのため、高年収パーティーの参加条件をよく見てみると

『年収800万円以上 or 上場企業勤務 or 大卒の方』

という書き方がされているものもあります(つまり大卒であれば誰でも参加できる)。

結論
高年収の相手を探すのであれば、参加条件に注意してパーティーを探しましょう。

実は普通に彼氏・彼女ができそうな人が多い

婚活パーティー未経験者とお話すると「婚活パーティーって出会いに困ってるヤバい人が多いんですよね?」とよく言われますが、そんな事はありません。

もちろん、清潔感やコミュニケーションの部分で一歩引いてしまう人も0ではありませんが、ほとんどいません。

婚活パーティー = 初対面の人と話す場なので、最低限のコミュ力と清潔感を持った人がほとんどなのです。

また、参加費が高いパーティーほど、落ち着いてきちんとした男女が集まりやすい傾向にあります。

偏見を持つより、実際に参加してみてどういったパーティーが自分に合っているのかを判断すると良いと思います。

そういった行動を取れる人の方が、恋愛においても成功しやすいですよ。

結論
パーティーにはきちんとした人が多い。知らずに行動しないより、行動して経験する方が結果的に早く恋人ができる

まとめ

婚活パーティーの、実は…という部分についてお話しました。

パーティーの種類は1つではないですし、仕組みや参加条件も様々。

そして、きちんとした参加者が沢山います。

まずはパーティーに参加してみて、合わないなと思ったら違う種類のパーティーにチャレンジするなどして、自分にあったパーティー、自分にあった婚活の方法を探してみましょう。


ちなみに当社、恋活・婚活パーティー アルでは飲食スタイルのパーティーを行っています。

マッチングや投票はなく、好きな相手と自由に話せて、連絡先の交換も自由というシステム。

参加費を少しだけ高めに設定していますが、その分きちんとした参加者も多い事が特徴です。

東京近郊にお住まいの方は、ぜひ気軽に遊びにきてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる